ハムスターに野菜をあげようまとめの画像です
ハムスターは野菜もかなり好きです。

キャベツやにんじん、かぼちゃなど自分たちが料理で使うついでにあげることが多いです。

でも気をつけないといけないこともあるのでこの記事では、こんなことをまとめました。

  • ハムスターにあげても良い野菜
  • あげても良いけど注意点が多い野菜
  • 与えてはいけない野菜
  • ハムスターにおすすめの野菜
  • ハムスターに野菜をあげるときに気になること

順番に紹介していきます。ハムスターに野菜をあげる時の参考にしてください!

スポンサーリンク




ハムスターに与えて良い野菜まとめ!

ハムスターがキャベツを食べている画像
ハムスターは雑食なので、あげても良い野菜が多いです。

手からあげることで、人にもなつきやすくなります。

ハムスターが食べても良い野菜はこんな感じです。

  • カボチャ
  • キャベツ
  • 小松菜
  • サラダ菜
  • さつまいも
  • 大根の葉
  • サヤインゲン
  • セロリ
  • トウモロコシ
  • パプリカ
  • ピーマン
  • ニンジン
  • しろ菜
  • 白菜
  • チンゲン菜
  • パセリ
  • ブロッコリー
  • ブロッコリースプラウト
  • 水菜
  • もやし

この中でも特におすすめの野菜を後ほどご紹介します。

各内容のくわしい紹介は記事で紹介しています。

まだ記事が間に合っていない野菜もありますが、順次増やしていく予定です。

リンクを貼っておきますので、気になる野菜があればぜひご覧ください。









ハムスターには乾燥野菜もおすすめです。

あげるときに気をつける必要がある野菜

ここで紹介するのは、あげる時に少し気をつけてほしい野菜です。

  • じゃがいも
  • トマト
  • キュウリ
  • レタス
  • ほうれん草

気をつけてもらいたい部分を、順番に説明します。

じゃがいも

葉っぱや芽、みどり色になった色が悪い部分には「ソラニン」という毒素を含んでいます。

ハムスターにじゃがいもをあげる時は、実のきれいな部分だけあげるようにしてください。

トマトやきゅうりなど水分が多い野菜

トマト・きゅうり・レタスなどは水分が多いのであげすぎると軟便や下痢になることがあるのであげすぎに注意が必要です。

水分が多い野菜を与えるときは、洗った時の水分を拭き取り、与える量を少なめにしましょう。


ほうれん草

ほうれん草には「シュウ酸」とよばれる成分があります。特に株の部分に多く含まれています。

「シュウ酸」は体内への「カルシウム」の吸収を防いだり、「カルシウム」と結合し、尿道結石などを引きをこすことがあります。

シュウ酸は水に溶け出すという特徴があります。

なので、ハムスターにほうれん草をあげる場合は、ほうれん草の株の部分を切り落とし、茹でてからあげるようにしてください。


スポンサーリンク




ハムスターに与えてはいけない野菜まとめ!

雑食だからといってすべての野菜を食べられるわけではありません。ハムスターが食べてしまうと下痢などの症状が出たり、最悪の場合死んでしまうこともあるので、ここで紹介している野菜はあげないようにしてください。

ハムスターにあげてはいけない野菜はこんな感じ。

  • ネギ
  • 玉ねぎ
  • ニンニク
  • ニラ
  • アボカド
  • アスパラガス
  • 銀杏
  • 芽キャベツ
  • レンコン
  • ゴボウ
  • 生の枝豆
  • 唐辛子
  • ハバネロ等

毒素を含んでいるので中毒症状を起こします

唐辛子、ハバネロ等の刺激物は


ハムスターには刺激が強すぎて危険、下痢や痙攣を起こし死亡することがあります。


野菜ではありませんが、ハムスターが食べてはいけないものがまだあります。

チョコレートやスナック菓子などの人間が食べるための食べ物やアボカド、観葉植物などもあげないようにしてください。

ハムスターにおすすめの野菜5選!

どの野菜が好きかは個体差がありますが、私がハムスターにおすすめの野菜をご紹介します。

  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • ニンジン
  • カボチャ
  • 白菜
  • もやし

などがおすすめです。どの野菜も食べる姿がかわいいですよね^^

スポンサーリンク




ハムスターに野菜をあげるときに気になる事まとめ

ハムスターに野菜をあげる時に気なることをまとめてみましたので参考ぞうぞ。

ご飯として野菜だけでもいいのか

野菜は副菜やおやつをあげるような感じで与えてください。

ハムスターの主食はペレットがおすすめです。

ペレットは栄養バランスを考えられているものが多いし、ゴールデンハムスターのような大きいハムスター用や、ジャンガリアンのような小さいハムスター用のペレットがあります。

野菜をあげとけば水分あげなくていいのか

ハムスターは生きていく上で水分をたくさん必要とはしません。

しかし、家で飼っていたハムスターは給水器で水を結構のんでいました。

なので、水を飲む量は個体によるのだと思います。

野菜でも水分を取れますが、いつでも飲みたいときに飲めるように給水器は設置することをおすすめします。

ハムスターに野菜をあげる量

小さいハムスターには1〜2g、大きいハムスターには3〜5gくらいかなと思います。

大きさは1cm〜5mm角程度が良いでしょう。

大きいままあげても良いですが、食べ残しは回収してください。

ハムスターの食事量は、体重の10%程度が目安とされています。

ジャンガリアンであれば、3~4gくらいが1日の食事量ですね。

ゴールデンハムスターであれば、10〜15gが1日の食事量です。

ペレットと野菜や果物、野草、穀物、種などをバランスを考えながらあげてください。

ハムスターに野菜を毎日あげてもいいのか

毎日あげても問題ありません。

日替りのような感じで色々な野菜や果物をあげることで、ハムスターが野菜の味に飽きたりせず食べ続けてくれることが多いです。

何歳から野菜をあげていいのか

ハムスターに野菜を与えるのは生後2ヶ月くらい経てばあげても良いと思います。

ハムスターは生後2ヶ月で人間の18歳程度になります。

ペットショップで購入するときには生後1ヶ月程度なので、飼い始めて1ヶ月程度経過で、ハムスターに野菜をあげるのが良いでしょう。

ハムスターは果物も好きです!

ハムスターはフルーツも好きな子が多いです。たくさんあげるのはNGですが、うちでも週1程度であげてました。

関連するコンテンツと広告