ブロッコリーの旬の季節は概ね11月〜3月です。この季節になると食べることが多くなりますね。

ブロッコリーはハムスターにおすすめの野菜です。

うちでは、ハムスターにもブロッコリーをあげることが多くなります。

SNSでもハムちゃんがブロッコリーを食べている姿を投稿してたりします。

ハムスターがブロッコリーを手で持って食べている姿はとてもかわいいですよね^^

ブロッコリーはハムスターにおすすめの野菜ですが、注意点もあります。

この記事ではハムスターブロッコリーを与える時の量や注意点などを紹介。

さらに、ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトも紹介します。

スポンサーリンク


ハムスターへブロッコリーを与える量や注意点など

ハムスターにブロッコリーを与える時の注意点の画像1です
ハムスターにおすすめのブロッコリーですが、与えすぎないようにしましょう。

与える時の大きさは

  • ゴールデンハムスターなどには1cm角を2個程度
  • ジャンガリアンなどには5mm角2個程度

が良いでしょう。

YouTubeでは「ハムスターと寝落ち」さんがハムスターがブロッコリーを食べる、かわいい動画をアップしています。

おいしそうに食べてますね^^

餌として与えるかおやつとして与えるか

どちらでも構いません。

餌として与える場合は、ペレットを主食として与え、ブロッコリーを副菜として与えるのがおすすめです。

ハムスターにブロッコリーを毎日与えても良い?

毎日与えても良いです。

あげすぎるとハムスターがブロッコリーに飽きてしまうことがあるので、他の野菜や果物を一緒に与えるなど工夫をすると良いでしょう。

生と茹でたブロッコリーどちらが良いか

ハムスターにブロッコリーを与える時の注意点の画像2です
生でも茹でても与えることができます。

生のままですと歯ごたえがあるので、食べごたえがあるし栄養価も高いまま与える事ができます。

茹でたブロッコリーは生よりも柔らかくなるので、高齢になったハムスターにおすすめ。

冷凍のブロッコリーを与えても良いか

冷凍ブロッコリーは解凍して、水分を拭き取ってから与えれば問題ありません。 ※塩ゆでや味付けしてあるブロッコリーは与えないようにしてください。

ブロッコリーの葉や茎の部位は食べられるのか

ハムスターにブロッコリーを与えるときの注意点の画像3です
ハムスターはブロッコリーの葉や茎を食べても問題ありません。

茎は硬そうに思いますが、ハムスターは生でも問題なく食べることができます。

ブロッコリーの葉は小動物用にネットでも販売しています。

ハムスターにブロッコリーを与える時の注意点

ブロッコリーの画像です
食べ残しや頬袋に溜め込んで持ち帰ったブロッコリーは痛みやすいので、その日のうちに回収しましょう。

ブロッコリーの表面には農薬が残っている場合があるので、きれいに洗ってからハムスターに与えるようにしましょう。

それと、ブロッコリーの花蕾(からい)には虫がついていることがあります。

ハムスターが虫を食べてしまっても特に問題はないと思いますが、なんとなく嫌ですよね^^;

ボウルに水を入れて、房の部分を沈めて、20分程度してからゆすると虫や汚れが浮いてきます。

ブロッコリースプラウト(新芽)

ブロッコリースプルラウトの画像です
ハムスターはブロッコリーの新芽である、ブロッコリースプラウトも好きです。

葉っぱの部分が好きなハムスターが多いですが、食べ慣れてくると茎の部分も食べるようになります。

生のままで、根と種は取り除いて与えるのがおすすめ。

与える量は1〜2本程度が良いでしょう。

おうちで簡単に栽培でき、無農薬で育てればハムスターにも安心して与えることができますね^^

葉と茎だけにすると保存が難しいので与える量だけを小分けにするのがおすすめです。

育てるキットネットでも販売しています。

グリーンフィールドプロジェクト 有機種子 ブロッコリースプラウト栽培キット 白 2袋入り

まとめ

ハムスターにおすすめの野菜、ブロッコリーとブロッコリースプラウトを紹介しました。

最後に簡単にまとめます。

  • ブロッコリーはハムスターにおすすめの野菜
  • 食べすぎない量をあたえる
  • 毎日与えても良いです
  • きれいに洗って水気を拭き取り与える
  • 冷凍のブロッコリーは解凍して与える
  • 食べ残しは回収する

ブロッコリーをおいしそうに食べるハムスターの姿を楽しみましょう。

なお、その他の野菜は別記事にて紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください!

関連するコンテンツと広告