ハムスターに 白菜を あげよう! 画像
ハムスターにも季節を感じてもらいたくて、冬には白菜をあげています。タイトルにも書きましたが、もちろんハムスターは白菜を食べることができます。

白菜を両手で持って食べる姿はとてもかわいいですよね^^

うちでは鍋料理などを作る途中の白菜を、ハムスターにあげています。

しかし、量などを気をつけないと病気になることがあるので、注意が必要です。

今回は、ハムスターに白菜をあげる時に気をつけることをまとめていきます。

スポンサーリンク




ハムスターに白菜あげる時に気をつけること

ハムスターに白菜をあげるときには次のことに気をつけましょう。

ハムスターにあげて良い白菜あげてはいけない白菜

ハムスターにあげてもいい白菜
ハムスターにあげる白菜は新鮮なものを常温で与えてください。表面には農薬がついているかもしれないので、しっかり洗って水気を拭き取ってからあげるようにしてください。

白菜は案外痛みやすく切り口などはカビが生えやすかったりします。傷んだ白菜をあげないようにしましょう。

白菜に含まれる成分

白菜の95%程度は水分でできています。微量ですがビタミンC、カリウム、マグネシウムや亜鉛などのミネラル類を含んでいるので、ハムスターのミネラル補給に一役買ってくれるはずです。

ハムスターは白菜の芯を食べてもいいのか

こっちを向いているハムスター画像
ハムスターは白菜の芯を食べも問題ありません。しかし、水分を多く含んでいますのでたくさんあげないようにしましょう。

ハムスターに白菜をあげる時の適切な量はこれくらい

ハムスターの大きさで多少は変わりますが、

  • ゴールデンハムスターのような大きなハムスターには2cm×2cmくらい
  • ジャンガリアンハムスターなど、小さなハムスターには、1cm×1cmくらい

ハムスターに白菜をあげすぎると

ハムスターにあげる白菜の注意点
前述しましたが白菜は95%程度が水分でできています。たくさん与えすぎると水分のとりすぎになることもあるので注意が必要です。

水分のとりすぎは下痢の原因にもなりますので気をつけてください。

また、食べきれなかった白菜は必ず回収してください。

あげる白菜が少ないとどうなる?

白菜はハムスターにとって必ず必要な食べ物ではありませんので、少なくても問題ありません。

ハムスターの主食はペレットをあげてください。白菜などの野菜、果物はおやつとしてあげる程度で十分です。

うちでは食べている姿がかわいいし、季節を感じてほしいのであげている感じです。

動画を見るだけでも癒やされますね^^

白菜の加工食品はあげても良いか

白菜の漬物など、人間用に味付けされた白菜はあげてはいけません。

茹でた白菜、乾燥させた白菜はあげても問題ありません。白菜は水分が多いので生のままあげるよりも、乾燥させた白菜はおすすめです。

ハムスター用に乾燥白菜も販売されています。

まとめ

それでは最後にハムスターに白菜をあげる時の注意点を簡単にまとめます。

  • たくさんあげないようにする
  • 新鮮な白菜をあげる
  • 芯もあげてOK
  • 食べ残しや巣箱にためた白菜は回収する

特にあげすぎは水分のとりすぎになるので気をつけましょう。

関連するコンテンツと広告