ハムスターにピーナッツをあげようの画像です
ハムスターはひまわりの種をよく食べるイメージがあると思いますが、雑食性なので他にも色々食べることができます。

ピーナッツもよろこんで食べてくれます。

しかし、ピーナッツを与える際には注意が必要なこともあるんです。

今回はハムスターにピーナッツを与えるときに気をつけること、与える量や殻などを与えてもよいかを紹介していきます。

スポンサーリンク


ハムスターにピーナッツ(落花生)を与えるときに気をつけること

かわいいハムスターの画像1
ハムスターに限らず「げっ歯類」は、どんぐりやくるみなどのナッツ類を食べている印象が強い人も多いでしょう。

そのため自宅で飼っているハムスターに、身近なナッツ類であるピーナッツを与えても大丈夫と思うかもしれません。

基本的にハムスターにピーナッツを与えることは問題ありませんが、それと同時に注意点もあります。

人間もピーナッツを食べすぎると消化不良を起こしたりするので、ハムスターに与えるときも量などには注意してください。

トントン

私も子供の頃ピーナッツを食べすぎて鼻血を出したことがあります^^;

一度に与えるピーナッツの量はこのくらい

ハムスターのアップ画像です


一度に与えられる量の目安は半分ぐらいで、数日に1回がベストとされています。

ピーナッツは、高カロリーな食べ物です。

脂質も多い食べ物なので、人間に飼われているハムスターにとっては1個でも多いぐらいになります。

もし、ひまわりの種も日頃から与えているなら、同時に与えるのはやめておきましょう。

ひまわりの種も落花生と同じく高カロリーなので、同時に与える肥満になり様々な病気を引き起こす原因になるので注意が必要です。

ピーナッツ(落花生)の殻ごと与えてもいいのか?

殻付きピーナッツの画像です
殻がついたままの落花生を与えても問題ありません。

【shige dan】さんがYouTubeにハムスターが落花生を食べているかわいい姿を投稿しています。

少しだけ注意点があります。落花生を与えるときには殻と渋皮についているカビには注意です。

落花生によっては殻と渋皮にカビが付いている場合があり、もしハムスターの口に入ると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

品質管理が徹底された国内産ならカビが付いている可能性は低いものの、外国産の場合はそのままの場合があるので、殻は与えないようにするのがベストでしょう。

もし落花生を与えるときは、カビなどがついていないか、しっかりと確認してからにしてください。

加工されたピーナッツを与えてもいいのか

殻をむいたピーナッツの画像です
塩などで味付けされている加工済みや調理済みのピーナッツは、ハムスターには適した食べ物ではありませんから、絶対に与えないようにしてください。

ピーナッツによっては、塩や砂糖で味付けされている場合もあります。

人間には美味しい加工済みのピーナッツも、ハムスターにとっては大丈夫ではありません。

ハムスターに与えるピーナッツは、素煎りと書かれているものやペットショップなどで販売されている小動物用を購入して与えましょう。

スポンサーリンク


まとめ

ハムスターにピーナッツを与えても、基本的には大丈夫なので問題ありません。

しかし一度に何度も与えると肥満の原因になったり、消化不良を起こして下痢になり最悪生命を落とす可能性もあります。

もしハムスターにピーナッツを与えるときは、小動物向けや素煎りなど安全に与えられるものを選ぶようにしてください。

また体の中に入るものなので殻や渋皮にカビが生えていない、口に入れても安全性が高いピーナッツを選ぶようにしましょう。

ハムスターなどの小動物用に厳選されたナッツ類も販売されていますのでこちらもおすすめです。


なお、その他の野菜は別記事にて紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください!