ハムスターにブルーベリーをあげよう画像1
うちにも植えてるんですよブルーベリーの木。ほぼ放置なのですが、毎年実をつけてくれます。

けっこうおいしくできるので、ハムスターにあげるんですよね^^

おいしそうに食べてくれます。しかしハムスターにブルーベリーをあげる時には気をつけることがあります。

この記事では、ハムスターにブルーベリーをあげる時の注意点をまとめていきます。

スポンサーリンク




ハムスターにブルーベリーをあげる時に気をつけること

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは植物由来の成分で目に効果があり、暗いところで活動するハムスターにとっては、効果的な成分となっています。

そのため、適量を与えるのであればハムスターにとって非常に良い果物ですが、水分や糖分が豊富であるため、ブルーベリーをあげる量には十分に注意をすることが必要です。

ハムスターは雑食であるため、ブルーベリーを少量だけの摂取でも、十分効果があると考えられていますが、体の異常をきたすこともあるので、様子を見ながら少量ずつあげましょう。

YouTubeでキンクマちゃんがブルーベリーを食べている姿がとてもかわいいです。

ハムスターにあげて良いブルーベリーあげてはいけないブルーベリー

  • ハムスターにあげていいブルーべりーは新鮮な生のブルーベリー
  • あげてはいけないブルーベリーは新鮮じゃない(古い)ブルーベリー

ハムスターは野生で生活をしている場合にはさまざまな果物を食べているので、ブルーベリーも新鮮なものであれば特に問題はありません。

しかし人に飼われている場合にはペレットなどの餌を主食としており、そのため有害物質などの免疫が低下していることあります。

なので、古くなったブルーベリーは与えないようにすることが必要です。

また種子などが多いものはこれを食べると中毒症状を発生させることもあるため、種の少ないものを選ぶことはもちろん、できるだけ取り除いて与えることも大切です。

ハムスターはブルーベリーの種や皮などを食べてもいいのか

ブルーベリーの種や皮は取り除いて与えましょう。

植物の種には有害物質が含まれていることが多く、これを食べると体調があまり良くない場合や免疫が低下している場合にはトラブルを発生させてしまうこともあります。

ブルーベリーは比較的有害物質が少ないと考えられますが、体の小さいハムスターにとっては有毒な場合も多いので、可能な限り取り除くことが必要です。また皮は農薬などが付着してることが多いので、出来る限り取り除いてあげたほうが良いと思います。

ハムスターにブルーベリーをあげる時の適切な量はこれくらい

ハムスターにブルーベリーをあげよう画像2
ハムスターの大きさによって変わりますが、週2回程度半分に切ったものを与える程度で充分です。

ハムスターにとってブルーベリーは糖分や水分が多いので、与えすぎはよくありません。

水分が多いと下痢をする確率が高く、脱水症状を発生させてしまうことがあります。

野生のハムスターは果物などを食べているため、多少多めに与えても大丈夫と思う部分がありますが、ペットの場合には主食をペレットとしているため、ブルーベリーであっても食べ過ぎは栄養過多となり体調を崩す原因となります。

スポンサーリンク




ハムスターにブルーベリーの加工食品はあげても良いか

基本的に添加物が含まれていない小動物用の加工食品であれば、その分量を十分に確認しながら与えることが可能です。

乾燥ブルーベリーは水分が少ないので比較的与えやすいのですが、その分糖度が高いのであげる量を減らしましょう。

また添加物が含まれている場合には与えないことが必要です。

添加物の中にはハムスターにとって有害なものも多いため、基本的には乾燥ブルーベリー以外は与えないようにすることが大切で、また乾燥ブルーベリーでも添加物が含まれていないかを確認しましょう。

スポンサーリンク




まとめ

ハムスターにブルーベリーをあげる時の注意点をお伝えしました。さいごに簡単にまとめます。

  • ハムスターには新鮮なブルーベリーをあげましょう
  • 種や皮は取り除いてください
  • あげる量はブルーベリーひと粒の半分くらいで様子をみましょう
  • 人間用に加工されたブルーベリーはあげないように

以上のことに気をつけて、ブルーベリーを食べるハムスターのかわいい仕草を楽しんでください!

なお、ブルーベリー以外のハムスターにあげる果物についてはこちらの記事にまとめていますので参考にしてください!

関連するコンテンツと広告