ハムスターに スイカをあげよう

夏といえばスイカの季節ですね!うちでもよく食べます。水分補給にも良いし夏って感じですし!

しかし、ハムスターにとってスイカは人間と同じ感じであげてもいいのだろうかと気になるところです。

この記事ではハムスターにスイカをあげる時に気をつけることをまとめていきます。

スポンサーリンク




ハムスターにスイカあげる時に気をつけること

ハムスターにスイカをあげる時に気をつけるべきなのは、一度に大量に与えないことです。

ほぼ水分のスイカは、ハムスターが食べても問題ありませんが、食べ過ぎるとお腹を壊してしまいます。
また、食べやすくカットしてあげることも、大切なハムスターに対する配慮となります。

スイカを美味しく食べてもらうには、やはり飼い主の細かな配慮が重要だといえるでしょう。
ハムスターの理解に取り組むことで、適切なスイカの与え方が見えてきますし、安全や安心を守って与えられます。

ハムスターにあげて良いスイカあげてはいけないスイカ


ハムスターにあげて良いスイカは、新鮮で十分に色が熟しており、人が食べても美味しいと感じるものです。

まだ固かったり、逆に味や食感に違和感を覚えるものは、傷んでいる恐れがあるので避けましょう。

ハムスターは見た目の大きさよりも賢いので、自分で判断することが可能ですが、しかし不味そうなスイカを意図的に与えるのはNGです。
自然に割れてしまったスイカも、中身が傷んでいる可能性がありますから、割れていない皮のきれいなものを選びましょう。

ハムスターはスイカの種や皮などを食べてもいいのか

ハムスターにとってスイカの種や皮は、実は食べることが可能とされています。

種は栄養が豊富で、海外ではおやつとして食べられる国もあるほどです。食べ過ぎは流石に駄目ですが、少量であれば与えても大丈夫だと考えられます。

ただ、人間が食べると盲腸、虫垂炎などのリスクが高まるとの説があるので、その点は念頭に置いておく必要があります。
皮については種よりもリスクが少なく、安全に与えられるでしょう。

そのままだと固くて歯が立たないこともあるので、食べやすい大きさや厚さに切ってあげるのが良いです。

スポンサーリンク




ハムスターにスイカをあげる時の適切な量はこれくらい

ハムスターにスイカをあげるなら、適切な量を考えて与えることが大事です。

目安としてはハムスターが両手で持てるくらい、1cm角のサイコロ状に切るのがポイントです。

ただしこれは目安に過ぎませんから、ハムスターの体格に合わせて増減したいところです。

大量に与え過ぎると、人間と同様に下痢になってしまいますから、食べ過ぎないように注意しましょう。

種、あるいは皮も与えるなら、実の量を調節して適量にすることが、ハムスターの健康を守ることに繋がります。

動画のように大きめにカットしたスイカをあげる時は、食べすぎないうちに回収するようにしてくだい。

ハムスターにスイカの加工食品はあげても良いか

ハムスターにスイカの加工食品は、何を使いどのように加工されているか分かっているなら、飼い主の判断で与えることができます。

しかし、加工内容が不明でどのような食品が加えられているか不明な場合は、リスクしかないのであげない方が無難です。

スイカだけでも、水分の摂り過ぎでお腹を壊すリスクがあるわけですから、加工食品となれば更にリスクが高まります。

ハムスター用に販売されていたり、形状や大きさの意味での加工なら問題ないですが、何かを加えて作られているスイカの加工食品は避けるべきです。

スポンサーリンク




まとめ

ハムスターにスイカをあげる時に気をつけることをまとめました。

スイカは水分が多いのであげすぎには特に注意してください。

小動物ようにドライフードとして販売されているスイカは水分もなくあげるのにおすすめです。

なお、スイカ以外の果物が気になる方は別記事で色々な果物を紹介していますので、こちらも参考になると思います。

関連するコンテンツと広告