ハムスターにさくらんぼをあげよう!アイキャッチ画像
ハムスターがさくらんぼを両手で持って食べている姿はとてもかわいいですよね^^

うちでもさくらんぼの季節になるとちょいちょいあげます。

ほっぺに貯めずにどんどん食べちゃうくらい好きみたいでたくさんあげたくなりますが、あげすぎはダメなんですよね。

その他にも皮や種などにも気をつけないといけません。

この記事ではハムスターにさくらんぼをあげる時の注意点をまとめていきます。

スポンサーリンク




ハムスターにさくらんぼをあげる時に気をつけること


ハムスターにさくらんぼをあげる時に気をつけることはあげすぎない事です。

さくらんぼを食べる姿の可愛さについつい与えてしまいがちですが、さくらんぼに含まれている糖分はハムスターを肥満や糖尿病にさせてしまう可能性があります。

それから虫歯や主食であるペレットを食べないようなることもあり、健康を害してしまうリスクが高いです。

他にも食べ残しをした際は傷んだものを口にしないように回収するようにしましょう。

ハムスターにあげて良いさくらんぼ あげてはいけないさくらんぼ

ハムスターに良いさくらんぼはちゃんと熟したもの、あげてはいけないものは未成熟なさくらんぼです。

未成熟なさくらんぼに含まれる有毒な成分

農林水産省のHPで紹介されていた内容なのですが、さくらんぼなどのバラ科植物は、アミグダリンという成分をふくんでいることがあります。アミグダリン自体は無毒なのですが、同じくさくらんぼに含まれるエムルシンという酵素などによって分解されると、シアン化水素 (青酸、HCN) を発生させます。ハムスターがシアン化水素を摂取すると、急性中毒につながることがあります。

さくらんぼを食べているハムスターはすごくかわいいですね^^YouTubeでさくらんぼを食べているハムスターを紹介している方がいらっしゃいました。

ハムスターはさくらんぼの種や皮などを食べてもいいのか

結論から言えばさくらんぼの果肉のみを与えるのが理想的です。

さくらんぼの種には先に説明した有毒な成分が含まれていることがあるので与えないようにしてください。

皮や茎には農薬の成分が残っている可能性があります。

もちろん皮や茎をよく洗えば農薬も落ちるかもしれませんが、あくまでも仮定の話です。

ハムスターの健康を第一に考えるなら種は取り除き、皮も茎も外してあげるのが一番だと言えます。勿論食べられるといえば食べられますが、やはり健康を優先する事が大切です。

スポンサーリンク




ハムスターにさくらんぼをあげる時の適切な量はこれくらい

  • ゴールデンハムスターのような大きなハムスターには1cm角くらい
  • ジャンガリアンハムスターなど、小さなハムスターには、5mm角くらい

ハムスターにさくらんぼを与えすぎてしまうと糖尿病や肥満の原因になります。

そのうえ食べ残ししてしまう事も考慮すればなるべく少ない量が理想的です。

適切な量はハムスターの大きさで違います。

大きめのハムスターであれば1cm角ほど、小さめのハムスターなら5mm角ほどが理想的です。
あくまでもさくらんぼはおやつであるため、たとえ「もっと欲しい」と訴えても一度で食べられる量をあげましょう。

ハムスターにさくらんぼをあげすぎると

ハムスターにさくらんぼをあげすぎると糖分のとりすぎになるので、あげすぎないようにしてください。

一度で食べ切れる量をあげるのがベストですが、食べ残しや小屋に運んだ場合は、傷んださくらんぼを食べてしまうかもしれないので、回収するようにしましょう。

それと、あげすぎは、ハムスターが糖分をとりすぎると肥満や糖尿病の原因になりますので気をつけてあげてください。

なぜハムスターが甘いものを食べすぎては行けないのかは、こちらの記事で紹介していますので合わせてご覧ください。

ハムスターにあげるさくらんぼが少ないとどうなる?

ハムちゃんからすれば「たくさんちょうだい」という気持ちだと思いますが、あげるさくらんぼが少なくても、ハムスターの健康維持には大きな影響はありません。

主食はハムスター用に販売されているペレットを主食として与え、さくらんぼなどの果物はおやつとして与えてください。

さくらんぼの加工食品はあげても良いか

さくらんぼの加工食品と言えばゼリーやジュース、アイスにドライフルーツなど多種多様ですが、例外を除けばあげるのは禁物です。

そもそもこれらの加工食品は人間用であるため、ハムスターの体とは合わず、むしろ食べたら健康を害してしまう恐れがあります。

唯一無添加のドライフルーツはハムスター用に加工された品があるので、それなら問題ないです。
ただしこの加工品でもあたえすぎるのは要注意しなければならず、少量が望ましいと言えます。

おもちゃとして、さくらんぼの木も販売されています。木をかじることで歯の伸び過ぎやストレス解消になるのでこちらもおすすめです。

まとめ

それでは最後にハムスターにさくらんぼをあげる時の注意点を簡単にまとめます。

  • 未熟なさくらんぼは与えない
  • 皮や種は取り除いて与える
  • 食べ残しは回収する
  • たくさんあげすぎない
  • 人間用に加工されたさくらんぼは与えない

以上のことに気をつけて、さくらんぼを食べるかわいいハムスターの姿を楽しみましょう!

なお、その他の果物について知りたい方はまとめ記事がありますので、こちらを参考にしていただければと思います。

関連するコンテンツと広告