ハムスターにそばやそばの実をあげようの画像
ハムスターは雑食などでいろいろな食べ物を食べることができます。そばやそばの実も食べることができます。

しかし与えるそばの種類や量を注意しなくてはいけません。

この記事では過去に15匹ハムスターを飼ってきた私が、ハムスターにそばやそばの実を与えるときの注意点を紹介します。

この記事を読めばハムスターに与える事のできるそばや、そばの実について気になる部分がすべて理解できると思いますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク


ハムスターに与えるそばの種類

ジャンガリアンハムスターの画像
ハムスターに与えても良いそばの種類は

  • 茹でる前の乾麺
  • 塩などが入っていないそば

ハムスターは小動物の中でも人気を集めていますが、日本人になじみ深いそばは食べるのだろうか?

このように考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、そばと聞くとアレルギーなどが心配なので与えるのが怖いと考えがちですが、栄養面からするとそばはとても良い食材です。

与え方に注意をすれば良く食べてくれます。

YouTubeでは【Dragon K-kun】さんがゴールデンハムスターがそばを食べている姿を紹介してくれています。

ポリポリ食べている姿がかわいいですね^^

ハムスターにそばを与えるときには、茹でる前の乾麺を利用することと塩などの調味料が入っていないもの、そして大量にあげないなどの注意点を守りましょう。

ハムスターに与えるそばの量はハムスターの手のひらの長さで計算

  • ゴールデンハムスターは手のひらの長さ
  • ドワーフハムスターは手のひらの長さの1.5倍くらい

ドワーフハムスターはゴールデンハムスターと比べると活発に動き回るのが特徴です。

そのため、活動量に合わせてたんぱく質を最適にしたご飯を与えることが大切です。

与える量としては個体の手の平よりも少し長めになるくらい、ゴールデンハムスターはその長さにしてドワーフハムスターは1.5倍程度を目安にすると良いでしょう。

そばアレルギーはないとはいい切れるものではありませんので、最初はこのくらいの量にして様子を見ると良いと思います。

ハムスターに与えるそばの実の量

そばの実とスプーンの画像

  • ドワーフハムスターには3粒程度
  • ゴールデンハムスターには5粒程度
  • 与える頻度は3日に1回くらい

そばの実はハムスターの大好物の一つなどといわれていますが、そばの実は皮つきなどからも栄養価もそのままで摂取できる優れモノです。

ドワーフハムスターには3粒くらい、ゴールデンハムスターには5粒くらいを目安にします。

そばと同じく最初はアレルギーなどの可能性も決してないとはいい切れるものではありませんので、2~3粒程度を目安に与える、大丈夫のときには3粒つから5粒をあげると良いでしょう。

なお、そばの実をご飯にするときには3日に1度の割合で行うことをおすすめします。

ハムスター用のそばの実も販売されています。

そばやそばの実を与えるときの注意点

回し車の下のハムスター

  • アレルギーがないかチェックする
  • 適量を3日に1度程度与える
  • 大量に与えない
  • そばの実は皮なしが安心

そばおよび皮付きのそばの実には、人間でのアレルギーのリスクが全くないわけではありませんので、いきなり適量を与えると心配になりますよね。

主な注意点は、アレルギーを最初に確認することから始めます。

大丈夫だとなったときには、適量を与えますが頻度としては3日に1度などにします。

そばの場合は、塩などの調味料が配合されていないものを乾麺の状態で与えます。

それと、あまりにもおいしそうに食べているからといって大量に与えないよう注意しましょう。

ちなみに、殻付きの場合は尖っている部分が頬袋を傷つけるなどの意見もあるので、心配な人は殻なしタイプを使うと安心です。

スポンサーリンク


まとめ

そばはダイエット中のハムスターにも最適ですし、栄養および美容効果が高いおやつになるので、これらを探している人に最適です。

アレルギーは全くないとはいいきれないので、最初に少量を与えて様子を見てあげましょう。

そばをあげるときには、乾麺で調味料が入っていないものを適量にする。

ハムスターの手のひらよりも少し長めのものを1本にする。

殻付きのそばの実は頬袋を傷つけるかもしれないなど心配は人は殻なしタイプを選びましょう。

なお、この他のハムスターの情報については別記事にまとめていますのでこちらも合わせてご覧ください!