ハムスターにハムやベーコンを与えてはいけないの画像です
ハムやベーコンおししいですよね。うちでもよく食べます。

ハムスターにもハムやベーコンを食べさせたいですよね^^

しかし、人間が食べても問題がないハムやベーコンですが、ハムスターが食べるとなると体に悪いです。

ハムスターにハムやベーコンを与えてはいけません。理由は後ほど詳しく紹介しますが、塩分や添加物が入っているからです。

この記事ではハムスターにハムやベーコンを与えてはいけない理由とハムスターにおすすめのタンパク質が摂取できる食べ物を紹介します。

この記事を読めばハムスターにハムやベーコンを与えてはいけない理由がわかるのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク


ハムスターにハムやベーコンをあげてはいけない

ハムスターの画像1です。

トントン

ハムやベーコンには塩分がたくさんあるので与えてはいけません。

ハムスターには与えても良い食べ物とダメな食べ物があります。

タンパク質を与える目的でハムやベーコンなどの肉加工物を食べさせる場合がありますが、ハムスターに与えてはいけない食べ物です。

まず、ハムやベーコンには塩分がたくさん入っているので、小動物のハムスターに食べさせることで、健康被害がでる可能性があります。

腎臓障害などの病気にかかるリスクが高くなるので、ハムやベーコンなどの肉加工物を与えることは辞めた方が良いです。

ハムスターには人間用に加工された食品は与えないほうが良い

ハムスターの画像2です。
ハムスターには人間用に加工されている食品を与えない方が良いです。

塩分過多の他には、添加物や保存料などが多く含まれています。

添加物や保存料などは食品を長持ちさせる働きがあり、小さな体のハムスターの健康に影響を及ぼす可能性があります。アレルギーの原因になる場合もあるので、人間用の肉加工物は与えないようにすると良いです。

ハムスター用のおやつにも添加物は入っていますが、ハムスターの体に合わせた添加物の量になるので大丈夫です。

スポンサーリンク


ハムスターに動物性タンパク質を与えるのにおすすめの食品

ほぐしたささみの画像です。
タンパク質はハムスターの体に大切な成分です。

ハムスターの与えても良い動物性タンパク質は、ささみがおすすめ。

小動物用のささみが販売されています。

ささみは低脂肪で高タンパクになるので、ハムスターの体にとっても良い食品になります。

自分で調理する場合は、ささみは生ではなく、必ず火を通して与えましょう。加熱をすることで食中毒を避けることができるからです。

味付けなどもしないで加熱調理をしたささみを少しの量を与えるようにします。

与えすぎると肥満の原因になるので注意する必要があります。

トントン

ハムスターにはささみで動物性タンパク質をあたえましょう。

ハムスターに植物性タンパク質を与えるのにおすすめの食品

ハムスターの画像3です。
ハムスターに植物性タンパク質を与えたい場合におすすめの食品は、大豆製品です。

トントン

大豆そのままをあげるのではなく、豆腐が良いでしょう。

ハムスターなどの小動物用に乾燥させて食べやすくした豆腐のスナックなどの販売されているので、生の豆腐を与えるよりも与えやすいのでおすすめです。

毎日手軽に植物性タンパク質を摂取させることができます。豆腐にはアミノ酸やイソフラボンなど含まれている健康食品なので、ハムスターにも良い食べ物になります。

スポンサーリンク


まとめ

ハムスターにはハムやベーコンを与えないようにしましょう。

ハムスターにエサやおやつをあげる場合は、人間用に加工されたものを与えないようにする必要があります。

塩分や添加物が多く入っていることがあるので人間が食べても大丈夫なものでも、ハムスターなどの小動物に食べさせることで、内臓疾患などにかかるリスクが高くなります。

ハムスターに食べ物をあげるときには、小動物用のエサやおやつを決められた分量を守りながら与えることが重要になります。

ハムスターに害がないように与える食品を考えることが大切です。

なお、この他のハムスターの情報については別記事にまとめていますのでこちらも合わせてご覧ください!