ハムスターが食べるすがたはとてもかわいいですよね。

ハムスターはひまわりの種や野菜、果物などをよく食べるので草食のようですが、実は煮干しや虫なども摂取するので雑食の動物で肉も食べます。

一般的にハムスターには、体に合ったペレットを与えます。

しかし、ハムスターにも食事のバリエーションはあったほうがいいと私は思います。

なので、肉類をペレットとは別で与えたりしていました。この記事ではハムスターにおすすめの肉やどのくらい与えればいいのか、与えてはいけない肉を紹介します。

この記事を読めばハムスターに与える肉についてわかると思いますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク


ハムスターにおすすめの肉はささみやビーフ

ささみの画像です
ハムスターにおすすめの肉は

  • ささみ
  • 鶏むね肉
  • カットビーフ

ハムスターにおすすめの肉は、加熱して味付けもしていないささみか鶏むね肉です。与えすぎはだめなので少量与えるようにしましょう。

その他にもペット用に販売されているカットビーフなどもおすすめです。

YouTubeでは「ハムスターちゃんねる」さんがカットビーフを食べるジャンガリアンの動画を紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

おいしそうに食べるすがたがかわいいですね^^

ハムスターに与えるお肉の量

キンクマハムスターの後ろ姿の画像です

  • ゴールデンハムスターには小指の先くらい
  • ドワーフハムスターには小指の先半分くらい
  • 与える頻度は週に一度ていど

ゴールデンハムスターに対して、小柄なハムスターはドワーフハムスターといわれています。

日々与える餌の量も体の大きさによって変わってくるので、小さいほど食べる量も少なくなります。

肉をハムスターに食べさせる場合も、大きめのゴールデンとドワーフでは量を変える必要があリます。

ゴールデンハムスターにささみ肉を食べさせる場合は、週に一度ほど小指の先ぐらいで自分で持てるくらいの量を与えます。 ドワーフはゴールデンの3分の1か2分の1ほどの体の大きさなので、量もゴールデンの半分か3分の1くらいにします。

スポンサーリンク


ハムスターに与えてはダメな肉

ジャンガリアンハムスターの画像です

トントン

脂肪分が多い肉や生肉は与えないようにしましょう。


ハムスターに与えてはいけないのは、脂肪分が多い肉や生の肉です。

脂肪分の多い食事をさせると肥満になったり脂肪腫ができやすくなります。

肥満になると長生きさせることができなくなります。

そのためハムスターに肉を与えるなら、できるだけ脂肪分の少ないささみが適しています。

ささみには良質なたんぱく質が含まれているので、特に成長期や妊娠中には効果的です。

しかし、必ずしも必要なものではないので、食べさせるとしてもおやつ程度で少量だけにすることが望ましいです。

それと、生の肉には寄生虫や菌が含まれているので、必ず加熱してから与えるようにします。

人間用に加工・味付けしたお肉は与えてはだめ

ハムスターの横顔の画像です
ハムスターは本来生きた虫も食べるので、動物性たんぱく質を補うために肉を与えても良いです。

しかし、人間用に加工された肉は塩分が多く含まれています。

平均50kgの人間が食べるものを数十グラムのハムスターに同じ塩分量の食べ物を与えると、ハムスターにとっては塩分取りすぎで健康を害してしまいます。

なので、人間にとって美味しいものでもハムスターには有害なので、肉を与えるにしても人間用に加工され味付けされたものは与えないようにします。

まとめ

ハムスターは本来虫を食べたりするので、動物性たんぱく質の肉を与えても良いです。

しかし、脂肪分が少なくて味付けをしていないささみや鶏胸肉なら問題ありません。

でも、必ずしも必要な食べ物ではないので、毎日食べさせるようなものでもありません。

ハムスターはとても小さな動物なので、肉を与えるにしてもほんの少しでよく、同じハムスターの中でも体が小さい種類のハムスターには少なくしてあげることが大切です。

体が小さい分添加物などの悪影響も大きいので、長生きさせたければ加工されたものより自宅で加熱したささみを与える方が安心です。