ハムスターに玉ねぎをあげてはいけない画像
玉ねぎはハムスターにあげてはいけない食べ物の1つなのですが、もしハムスターが手の届くところに玉ねぎがあれば食べてしまう可能性が高いです。

ハムスターはいろいろ食べることができるのですが、害がある食べ物かどうかはあまりわからずに食べちゃいます。

この記事では、なぜハムスターに玉ねぎをあげてはいけないのか、食べてしまったときはどうすれば良いかを紹介します。

スポンサーリンク




ハムスターに玉ねぎを与えた時の症状

ハムスターの画像1

玉ねぎはハムスターに与えてはいけない食べ物の1つです。

ハムスターがためねぎを食べてしまうと玉ねぎに含まれているアリルプロピルジスルファイドという成分がハムスターの体内でヘモグロビンを酸化させてしまいます。

それによって、溶血性貧血が起こるのですが、簡単に言うと赤血球が破壊されることになるでしょう。

赤血球が破壊されるとハムスターが酸欠や貧血を起こす、血尿を出すなどの症状を起こしてしまうことになるので注意が必要です。

ハムスターに玉ねぎを与えてしまった時の対処方法

ハムスターの画像2

ハムスターに玉ねぎを与えてしまったのであれば、病院に行くしか対処法はありません。

犬や猫であれば口の中を刺激することによって玉ねぎを吐き出させるという方法を実施することができます。

しかし、ハムスターの場合はこれができないです。

そのため、ハムスターを診てくれる動物病院に行き、事情を説明して対処方法を教えてもらう必要があります。

放置してしまうと死につながる恐れもあるので、早急に受診するようにしてください。

ハムスターに玉ねぎを与えたときの致死量は体格によって変わる

玉ねぎの画像1
玉ねぎをハムスターが食べると危険な状態を引き起こす可能性が高いですが、致死量は体格によって違っています。

そのため、過去に食べさせてしまったときには平気だったけれど、他のハムスターで同じことをしてしまったときにも平気だとは限りません。

特に小さなハムスターや生まれて日が浅いハムスターは影響を受けやすい傾向があります。

なので、ほんの少しでも致死量になってしまう可能性が非常に高いことを理解しておく必要があります。

ハムスターに玉ねぎの匂いを嗅がせても大丈夫?

ハムスターに玉ねぎの匂いを嗅がせることもなるべく避けるようにしてください。

これによって中毒を引き起こす可能性は低いですが、刺激的な匂いのせいで酸欠を引き起こしてしまったり、飼い主に対する拒否反応を示したりしてもおかしくないです。

場合によっては、硬直して急に動かなくなってしまったり、歩行に支障が出たりすることもあります。

わざと嗅がせることはもちろんやめるべきですし、できればハムスターの近くで玉ねぎを保管したり調理したりしないようにしてください。

ハムスターに玉ねぎを触った手で触っても大丈夫?

玉ねぎの画像2

トントン

玉ねぎを触ったあとは手を洗ってハムスターに触りましょう


調理で玉ねぎを触った後にハムスターのお世話をしたり遊んだりする人もいると思いますが、これはとても危険な行為だと言えます。

匂いだけでは影響がほとんどないケースもありますが、もしも、玉ねぎの成分が手に付着しているとその部分を舐めてしまったハムスターに悪い影響が出てしまう可能性が高いです。

玉ねぎを調理する前にハムスターと触れ合うようにする、調理した後はきちんと手を洗って玉ねぎの匂いがとれるまではハムスターに触らないようにすることなどが大切だと言えます。

スポンサーリンク




まとめ

ハムスターに玉ねぎをあげてはいけない理由とあげたときの対処法などを紹介しました。最後に簡単にまとめます。

  • ハムスターに玉ねぎをあげると、酸欠や貧血を起こしたり血尿を出すことがあるのであげてはいけない
  • 食べてしまった場合はすぐに病院に連れていく
  • 玉ねぎの匂いもなるべく嗅がせないようにする
  • 玉ねぎを触った手でハムスターに触らないようにする

このあたりに気をつけてハムスターと仲良くすごしましょう!

なお、その他の野菜は別記事にて紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください!

関連するコンテンツと広告