ハムスターにぶどうをあげよう!の画像
ハムスターは雑食なので、ある程度人間と同じものを食べることができます。もちろんぶどうもOKです。

しかし、ハムスターって人間とくらべてかなり小さい動物なので、あげる量などには注意が必要なんです。

この記事ではハムスターにぶどうをあげる時に気をつける注意点を紹介します。

スポンサーリンク




ハムスターにぶどうをあげる時の注意点を4つ紹介

ハムスターに初めてぶどうをあげるときは驚く人が多いでしょう。とても美味しそうに、たくさん食べることが多いからです。

ハムスターは雑食なのでぶどうを食べられますが、一番の好物と認識してしまうぐらい、勢いよく口にすることが多いです。飼い主としては好ましい光景かもしれませんが、注意しなければならない点もあります。

  1. あげても良いぶどうとあげてはいけないぶどうがある
  2. ぶどうの種や皮はあげてはいけない
  3. ぶどうをあげる量は少なめにしておく
  4. ぶどうの加工食品はたべてもいいのか

詳しくは次の項で紹介していきます。

いくら好んで食べるからといって、やみくもに与えるのは良くないということです。ハムスターの主食はペレットなのでぶどうはおやつとして与えましょう。

ハムスターにあげて良いぶどうあげてはいけないぶどう

ハムスターにぶどうをあげる時に気をつけることの画像1
ぶどうは安全な果汁が大部分を占めるので、甘いものなら与えても基本的に問題はありません。とはいえ、すべてが絶対に大丈夫とは言い切れないのも事実です。心配な場合はマスカットのみに絞って与えるという手もあります。

個体差があるので、体調の変化をチェックしつつ問題がないことを確認しましょう。一方、腐りかけや実がしおれて皮だけのぶどうを与えるのは良くありません。

スポンサーリンク




ハムスターはぶどうの種や皮などを食べてもいいのか

ぶどうの種や皮を与えないように注意してください。それらにはタンニンと呼ばれる成分が入っているからです。人間が食べてもそれほど影響はありませんが、ハムスターが食べると体調が悪くなってしまう恐れがあります。

なぜなら、タンニンは強い殺菌作用を持っているからです。そのせいで腸などがダメージを受けてしまうことが懸念されます。ハムスターの唾液にはタンニン用の酵素が入っておらず、命を落とすリスクもあるので注意が必要です。

ハムスターにぶどうをあげる時の適切な量はこれくらい

ハムスターにぶどうをあげる時に気をつけることの画像2
あげる量はぶどうのひと粒が巨大なものは1つの4分の1程度でも十分ですし、小さいものでも半分ぐらいに留めておきたいところです。

マスカットなら、5mmかそれより少し大きい程度のものを週に1回程度と考えておきましょう。もちろん体の大きさにもよるので、しっかり観察して下痢にならない量を見極めることも欠かせません。

ぶどうは水分と糖類がしっかり入っているので、あげすぎには要注意です。ハムスターにとって水分は下痢の原因に、糖分は肥満や糖尿病の原因になったりします。

一粒まるごとあげる場合には、頃合いを見計らって回収しましょう。小屋などに持ち帰ったぶどうも放置したままだと傷んでしまうので回収してください。

YouTubeのぬーさまLIFE!chさんで上手にハムスターにぶどうをあげていました。

真剣な目つきでぶどうを食べるハムスターがかわいい^^

ハムスターにぶどうの加工食品はあげても良いか

人間用のぶどうの加工食品はたくさん存在します。美味しそうだとハムスターにあげたくなるかもしれませんが、基本的には良くない行為だと認識しておきましょう。

お菓子などの加工食品は食品添加物や保存料などを含んでいるのが一般的です。人間には害がない程度の少ない量でも、ハムスターには悪影響を与えてしまうケースが珍しくありません。

ですから、ぶどうの加工食品で与えて良いのは、ハムスター専用の商品だけだと覚えておく必要があります。

スポンサーリンク




まとめ

ハムスターにぶどうをあげる時に気をつける注意点を4つ紹介しました。最後に簡単にまとめておきます。

  • 新鮮なぶどうをあげる
  • ぶどうの種や皮はあげてはいけない
  • ぶどうをあげる量は少なめにしておく
  • ぶどうの加工食品は無添加のものだけあげる

ハムスターにあげるぶどうの加工食品はドライフルーツがおすすめです。


以上の点に気をつけてぶどうをおいしそうに食べるハムスターを見守りましょう。

なおその他のハムスターにあげる果物についてはまとめ記事がありますのでこちらも合わせてご覧ください。

関連するコンテンツと広告