ハムスターにラフランスをあげよう!の画像
果汁がたっぷりでとろけるような食感のラフランス。もちろんハムスターも食べることができます。

ただし、ハムスターにあげる量などには注意が必要。

この記事ではハムスターにラフランスをあげるときに気をつけることを紹介していきます。

スポンサーリンク




ハムスターにラフランスをあげる時に気をつけること

ハムスターにラフランスをあげるときには、体調に充分に注意をすることが大切です。

ラフランスにはハムスターにとって体調を整える成分が含まれているのですが、逆に体調を崩しているときにはその効果が強すぎて悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

例えばラフランスに含まれるアスパラギン酸はアミノ酸の1種として新陳代謝の向上や疲労回復に役立つものとなっていますが、その反面解熱作用を持っており、ハムスターの体調が悪いときには低体温を招いてしまうことがあるので気をつけましょう。

ハムスターにあげて良いラフランスあげてはいけないラフランス

ハムスターにラフランスをあげる画像1
ラフランスは人間であれば多少熟していなくても平気で食べてしまうものですが、ハムスターに与える場合にはその完熟度を十分に確認してから与えることが必要です。

熟していないラフランスは、水分が少ない分様々な成分が濃厚となっている可能性があり、強い刺激を与えてしまうことが多いです。

完熟したラフランスであれば十分に水分が含まれており、非常に食べやすく消化の良い状態となっているので比較的安心ですが、そうでない場合には甘みが強くなっていることがあるほか、分量を誤ってしまうことも多いので要注意です。

スポンサーリンク




ハムスターはラフランスの種や皮などを食べてもいいのか

ラフランスの種や皮などが混入している場合には、ハムスターには有害となることがあります。ハムスターに与える際には種や皮などをしっかりと取り除くことが大切です。

ラフランスの種や皮にはアミグダリンと言う成分が含まれており、これをハムスターが消化すると有毒な青酸が発生してしまうことがわかっています。これによりハムスターが中毒症状を発生してしまい、最悪の場合には死に至ることにあるので注意をしなければなりません。

また皮には農薬などが付いていることもあるので注意が必要です。

ハムスターにラフランスをあげる時の適切な量はこれくらい

ハムスターの大きさで変わりますが、与えるラフランスの上限は5ミリ角の大きさを週に一回程度で十分です。これ以上になるとアレルギーの発生や水分の取りすぎなどによる下痢、もしくは食べ過ぎによる肥満などを引き起こすことがあります。

ハムスターは通常の餌であるペレットで十分にその栄養素を摂取できています。

ラフランスを与えすぎると栄養の取りすぎや有害物質の摂取のしすぎとなる危険性があるのであげすぎないようにしましょう。

ハムスターにラフランスの加工食品はあげても良いか

ハムスターにラフランスをあげる画像2
ラフランスの加工食品は様々な添加物が含まれていることが多いので、与えない方が良いです。

人間が好むように糖分が加えられていたり、中には着色がされているものなどがあり、これを人間よりはるかに体の小さいハムスターが食べると異常をきたしてしまうことが少なくありません。

基本的に人間が食べておいしいものはハムスターも大好物なのですが、このような加工食品を与えてしまうと通常の餌であるペレットを食べなくなってしまうので、栄養が偏ってしまうのです。

スポンサーリンク




まとめ

ハムスターにラフランスをあげるときの量や注意点を紹介しました。最後に簡単におさらいを。
ハムスターにラフランスをあげる時は

  • 完熟したラフランスをあげる
  • 皮や種は取り除く
  • あげる量は5ミリ角くらい
  • 人間用に加工されたラフランスはあげない

以上のことに気をつけておいしいラフランスをハムスターにあげてください!

なお、別記事でハムスターにあげる事ができる果物をまとめていますのでよろしければこちらもご覧ください!

関連するコンテンツと広告