コストコ店舗まで遠い場合などネットで解約したい場合もあると思いますが、この記事を書いている2019年3月の段階ではネットでの解約手続きはすることができません。解約するにはコストコ店舗まで行く必要があります。

この記事では、実店舗でのコストコ会員の解約方法、解約するにおいて気をつける点を解説いたします。

スポンサーリンク




コストコ会員の解約方法

コストコ会員解約方法の流れはこんな感じです。

  • コストコ店舗に行く
  • サービスカウンターで解約したい旨を伝える
  • 会員カードと家族カートを返却する
  • 契約期間中であれば年会費を返金してもらう

コストコの会員解約はどこのコストコ店舗でも解約手続きが可能です。契約期間中は年会費を全額返金してもらえます。良心的なサービスですね。

解約の手続きは数分程度で終了します。

YouTubeでわかりやすくコストコ会員の解約方法を紹介している動画がありました。こちらも参考になります。

次の章では解約する際の注意点をまとめましたのでご覧ください。

スポンサーリンク




コストコ会員を解約する際の注意点

コストコ会員を解約するのは簡単なのですが、注意点があります。

会員本人が行かなければ解約できない

解約の際は契約者本人が行かなければ解約できません。ただし、家族カードの返却は会員の方が代表で持って行けばOKです。家族カードの持ち主が行く必要はありません。

1年間はコストコ会員になれない

解約した月から1年間は再入会できません。しかも、同じ住所に住んでいる方(奥様やお子さん)も入会できなくなります。

購入した商品の返品や交換ができなくなる

コストコでは商品の100%保証というものがあります。これは、商品について、満足いかない場合、商品と引き換えに、代金を全額返金します。(一部例外の商品もあります。)という保証制度です。

なので、購入した商品で気になるものがあれば、解約はしばらく様子を見たほうが良いでしょう。

年会費の返金

年会費も有効期間内であれば100%返金してもらえます。そうなると、いつまでが返金期間となるのか気になるところです。

例えば2019年3月10日に入会した場合、
契約期間は2020年の3月31日までとなります。

会員更新していなければ解約と同じ

会員になり12ヶ月以上経過している場合は解約しているのと同じ状態です。
つまり、わざわざ解約に行く必要はありません。ただし、年会費の返金はありませんのでご注意を!

なお、年会費をクレジットカード払いで自動更新にしている場合は、期限が来たら会員権が自動的に継続されますので、そこも要チェックポイントですね。

コストコ会員の有効期限確認方法

コストコ会員の有効期限を確認するには2つの方法があります。

コストコ 有効期限

確認方法1:会員カードで確認
会員カードの裏に記載されています。

私の場合は2/13(2月13日)に会員になっていますので、2月末までが有効期限となります。

確認方法2:コストコホームページで確認
コストコ公式ホームページでも確認することができます。

会員情報を照会しアカウント詳細ページでの確認となります。

会員カードで確認する際の注意点

会員カードの記載は会員有効期限が切れて3ヶ月以上経過している場合、表記とのズレが生じている場合があるので、アカウント詳細ページでの確認がおすすめです。

2年目以降もコストコ会員を解約したら年会費は返金される

会員継続した場合でも、1年分の年会費が返金されます。

スポンサーリンク




まとめ

コストコ会員の解約方法ご紹介しました。ネットでの解約はできませんので、会員本人がコストコ店舗まで行く必要があることをお伝えしました。会員有効期間内であれば、年会費が全額返金されますので、契約期間を確認して手続きに行きましょう。

お得情報

コストコでの支払いはクレジットカードがお得です。もし現金で支払っているのであればクレジットカードでの支払いも検討してみてください。

別記事でコストコでのおすすめクレジットカードを紹介していますのでご参考になればと思います。

関連するコンテンツと広告