ケルベロスを育てている方が多いですね。

調べてみるとかなりステータスが高くて驚きました。スキルも攻撃的で使い勝手が良いため、防衛キャラでありながら前線に召喚しても使える。

ドラポ部部長さんが、ケルベロスをリーダーでドラゴンリーグに挑む動画も参考になります。

今回はケルベロスの使い方と相手の思い通りにさせない倒し方をまとめていきます。

スポンサーリンク




ケルベロスの倒し方

倒し方①スライムを壁に!

ケルベロスは単体攻撃なので、スライムを壁キャラとして召喚し中距離や遠距離攻撃のキャラで攻めましょう。

そうすることでケルベロスが一体ずつ増殖しているスライムを相手にしている間に、アマゾネスやエルフ、カタパルトなどで攻撃!

倒し方②空から攻撃!

ケルベロスは対空攻撃がありません。なので、ドラゴンライダーやフクロウを召喚してじわじわ攻撃するのもあり。

倒し方③状態異常にする!

状態異常によわいので、メデューサやマーメイドなどでケルベロスの行動を封じてその隙に攻撃する。

この方法はかなり戦いやすいのでおすすめです。

倒し方④高攻撃力キャラで倒す!

大型キャラの倒し方と同じ方法。

スケルトンやアマゾネスを2~3体を【重ね出し】します。

ケルベロスは単体しか攻撃できないので、基本的には【重ね出し】しなくてもいいかもしれないけど、万全を期して召喚しましょう!

倒し方⑤大型キャラを召喚!

ケルベロスは攻撃力が高いうえにスキルのカミツキが発動することで少々強いくらいのキャラではすぐに倒されてしまう。

もし大型キャラが手札にあるなら惜しまずに召喚しましょう。

ゼウスや巨大ロボ、サイクロプスがおすすめです。

倒し方⑥私のおすすめ

メインでヴィーナスを使っている私の倒し方を紹介します。

ケルベロスがすでに召喚されているときにまず壁キャラになる、デビルやアシュラなどHPが高いか、ケルベロスが得意なキャラを召喚します。

その後方にヴィーナスを召喚してケルベロスのスキルを封印しつつ倒します

倒し方⑦攻撃をはね返す

ジャイアントクラブのスキル:ハネカエシでケルベロスの強攻撃をはね返して倒すことができます。

次の項からは、ケルベロスの特徴をまとめました。使い方の参考にどうぞ!

ケルベロスの特徴

  • 一定距離に近づいた敵を迎え撃つ!
  • 迎撃キャラ・対空なし
  • 召喚コスト:召喚玉3ヶ
  • 最大召喚数:3体
  • 攻撃回数(分):30回
  • 足の速さ(分):200マス
  • ターゲット:近距離(単体)
  • 魅了無効
  • 眠り・石化・毒にかかりやすい
  • 画面上下方向には移動できないが前進するときは多少上下にも進む

足がかなり速い!一定の範囲に敵が入るとすごい速さで移動して、倒し終わるともといた位置まで戻る。しかし、後ろ側はあまり見えていない様子。それと、状態変化にかかりやすい。

コスト3の迎撃で3体召喚できるのはめずらしいです。

こちらの動画でもケルベロスの特徴を解説してくださっています。

ステータス

レベル30フル装備時点

  • 攻撃力:1385(+648)
  • 防御力:1253(+586)
  • HP:1253(+586)

ステータスが高い!装備の開発で多少変わりますが、レベル27のアマゾネスと同じくらいの攻撃力です。

スキル:カミツキ

敵単体のすべての状態変化を解除してなおかつ3回連続攻撃する。

レベルアップで威力が増す。

敵が毒の状態でもラビットのブチギレ中でもゴーストのスキル:イナイナイバアでもすべてを解除します。

しかも、3回連続攻撃!レベル30フル装備の攻撃力:1385を3回もくらうとかなりダメージ受けます

得意キャラ

  • ○プリティキャット
  • ○ゴースト
  • ○ラビット
  • ○サキュバス
  • △スライム
  • ○ジャイアントベビー

カミツキが発動すれば、敵のスキルを解除するので、スライム以外のキャラは丸裸の状態で3連続攻撃できる!

私はラビットをよく使うのであまり喜べないです。

苦手キャラ

  • ◎アシュラ
  • ◎アマゾネス
  • ◎フクロウ
  • ◎エルフ
  • ◎巨大ロボ
  • ○サイクロプス
  • △ゼウス
  • △マーメイド
  • △メデューサ
  • △マタンゴ
  • ◎デビル
  • ◎コロポックル

魅了以外の状態変化には弱い!


ケルベロスの使い方と7つの倒し方をまとめました。

実際の戦闘となるとケルベロスだけじゃなくて補助する敵も召喚されてたりするので、今回まとめた7つの倒し方をふまえて臨機応変に対処しながら効率的に倒しましょう!

さいごまでお読みいただきありがとうございました。なお、ケルベロス以外のキャラも気になる方はこちらも合わせてご覧ください。

関連するコンテンツと広告