Amazonプライムは、年会費4900円(税込)を支払うことで、さまざまなサービスを受けることができるシステムです。

Amazonは、商品を注文してから配達されるまでのスピードも高い評価を得ていますが、Amazonの通常配送よりも、さらに短い時間で届く、お急ぎ便というサービスがありますが、Amazonプライム会員でなければ別料金となります。

その他にもAmazonプライム会員だけ使える、または無料で利用できることもたくさんあります。

色々なサービスの内容についてAmazonプライムのメリット・デメリットについてまとめましたのでご覧ください。

スポンサーリンク




Amazonプライムのメリット・デメリットを全網羅

Amazonプライムとは簡単にいうと色々なサブスクリプションが集まっているAmazonのサービスです。

Amazonプライムは値段が安い!

「Amazonプライム」は年会費4900円(税込)で利用できます。これって日割りすると1日13.4円程度でいろんなサービスが利用できるということです。
学生さんであれば「Prime Student(プライム・スチューデント)」というプランがあります。
6ヶ月間無料!その後は年会費2450円で利用できてさらにお得です。

年間プラン(税込)月間プラン(税込)
Amazonプライム4900円500円
プライムスチューデント2450円250円

Amazonプライムのメリット

Amazonプライムのメリットは様々なAmazonのサービスが無料(もしくは割安)で利用できるところです。

「プライムの配送特典」Prime Deliveryで配送オプションが無料になる


プライム会員は「お急ぎ便」・「お届け日時指定便」・「通常配送料」が無料になります。・「特別取扱商品の取扱手数料」通常配送料はAmazon.co.jpが発送する商品のみ無料です。

通常は商品が届く日時を指定する場合にも、別料金がかかってくるのですが、プライム会員の場合には、そのような別料金は発生しないので、普段、荷物を日時指定したい場合や、少しでもはやく届けてもらいたいという人には便利です。

「特別取扱商品の取扱手数料」

大きな商品や重たい商品は、配送費に取扱手数料がかかりますが、Amazonプライムを利用すれば無料になります。

「Prime NOW」最短2時間で商品が届く

Primenowとは2時間以内に商品を自宅まで届けてもらえるサービスです。利用条件はAmazonプライム会員+地域別の最低金額以上であれば利用することができます。専用のアプリが必要になります。

対象エリアが限られますが短時間で商品が届くのですごく便利だと思います。

Prime Now対象地域

板橋区、中野区、北区、豊島区、文京区、荒川区、足立区、新宿区、練馬区、杉並区

残念ながら私が住んでいる地域では使うことができないですが使えればとても便利なサービスだと思います。

「prime video」で映画・ドラマ・バラエティ・アニメの一部が無料で見放題になる


動画配信サービスが多くなり、配信をスタートさせていますが、それらを利用するためには、月額料金が必要になります。しかしamazonプライム会員になれば、プライムビデオも一部無料でみることができます。このサービスもスマホやタブレットのアプリで利用可能

「Amazon Originals」でAmazonだけのオリジナル作品を無料で楽しめる

プライム会員になると「prime video」内の「Amazon Originals」を無料で見ることができるようになります。

スポンサーリンク




「Twich Prime」ゲーム配信のプレミアムサービスを無料で使える

「Twich」とは、様々なゲームをライブで実況しているサイトです。ゲームのプレイヤーが自分のプレイを実況しているんです。YouTubeでも流行っていますね。プライム会員になると無料で利用できるようになるし特典ももらえます。

「Twich Prime」の特典

  • プライム会員限定の無料ゲームをもらえる
  • プライム会員専用のスタンプで目立つことができる
  • チャットの自分の名前の色が変更できるようになる
  • 通常14日間の配信を60日間まで保存できる
  • 配信している方1人分のサポート(サブスクライブ)5ドル程度が無料
サブスクライブの特典も利用可能


広告なし・サブスクライバー限定のチャットで会話可能になる・配信者限定のスタンプが使える

「Prime Music」200万曲が無料で聞き放題

プライム会員になると、200万以上の音楽やラジオが聴き放題です。この記事を書いている2016年11月の時点で「j-popのアルバム」だけで、13000枚もあります。しかも、年会GoogleplaymusicやAppleMusicなどの音楽聴き放題サイトと比べてもかなり安いです。

仕事中にも音楽を聴く私にはぴったりの特典、ラジオのジャンルもロックやブルースなどたくさん。最高です。

私はオールJ-POPや、ロック90年代が好きですね。イヤホンで聴くことが多いですが、音質も~256kbpsと、かなり良いです。ちなみに、FMラジオは96kbpsくらい。

プレイリストも用意されていて、「洋楽人気ランキング」や「軽快に仕事したい人のジャズ」などかなりの種類があり、どれを聴きながら働こうか迷っちゃいます。

200万曲では足りないという方は「Amaozn Music Unlimited」という上位サービスがあります。Amazonプライム会員は6,500万曲の音楽聴き放題が月会費780円で利用できます。「Amaozn Music Unlimited」は広告無し・オフライン再生可能・Alexaに話しかけて再生可能・で利用できます。

「Amazonフレッシュ」生鮮食品を最短当日配送が追加料金なしで利用できる

プライム会員になると「Amazonフレッシュ」を利用でるようになります。

Amazonフレッシュとは?
Amazonフレッシュは、生鮮・食品・飲料・お酒や日用品・雑貨まで、必要なものが1か所でお得に揃うプライム会員向けのサービスです。
配送対象地域に最短で当日または翌日に商品をまとめて配送します。

最低注文金額(税込)1回の注文の配送料(税込)
Amazonプライム会員4000円390円
1万円以上で無料
Amazonフレッシュ会員
月会費500円(税込)
4000円無料

2020年4月現在は東京都・神奈川県・千葉県の対象エリアでの利用が可能です。対象エリアは拡大してくようです。

「先行タイムセール」タイムセールに30分早く参加できる

Amazonプライム会員になると一般より30分早くタイムセールに参加できるようになります。一般会員だとなかなかタイムセールで購入することができない人気商品も手に入れる確率がぐっと上がります。

私は最近スマホのアプリでamazonを利用することが多くなりました。もちろんアプリでも30分早く注文することができるので、移動中や遊んでいる最中でも、チャンスを逃さず購入することができます。

お得に商品が購入することができれば、年会費を払ってでも利用する価値があります。

「プライム会員限定セール」プライム会員限定の商品などをお得に購入できる

プライム会員のみが購入することができる商品・特別価格で利用できるようになります。

「Amazon MasterCard」のAmazonのポイント還元が最大2倍に

「Amazon MasterCard」
年会費1375円(税込)
・初年度無料
Amazonポイント還元率Amazonでの買い物 2%
Amazon以外での買い物 1%


Amazonポイントを貯めやすいのでプライム会員には、三井住友カード株式会社の「Amazon MasterCard」がおすすめ。初年度の年会費は無料です。2年目からは1250円(税抜)がかかりますが、前年度に一回以上Amazon以外でのお買い物でも良いのでカードでの支払いがあれば年会費無料になります。

「Amazon MasterCardゴールド」Amazonのヘビーユーザーであればが断然お得

「Amazon MasterCard」ゴールド
年会費11000円(税込)
・年会費割引特典あり
Amazonポイント還元率Amazonでの買い物 2.5%
Amazon以外での買い物 1%
マイ・ペイすリボの場合1.5%


Amazonプライムを使うのであればおすすめなのが「Amazon MasterCardゴールド」年会費は通常10000円(税抜)と高めなのですが、2つの年会費割引があります。1つ目は支払い方法をマイ・ペイすリボにすることで5500円(税込)に。2つ目はWEB明細に切り替えることで1100円(税込)の割引に。2つを使うことで年会費が4000円(税抜)まで下がります。

それと、年会費の中にAmazonプライムの利用料金が含まれていますので、別途Amazonプライム会員になる必要はありません。

さらにAmazon Mastercardゴールド」のAmazonのポイント還元が最大2.5倍なのでAmazonでの買い物が多い方にはメリットが多いです。

スポンサーリンク




「AMAZONギフト券チャージタイプ」のポイント還元率がアップ

プライム会員は「AMAZONギフト券チャージタイプ」5000円以上のチャージで最大2.5%(通常は2%)もらえます.

「Amazon Photos」で写真を無制限に保存できる

プライム会員になると写真をAmazondriveに容量無制限で保存できます。動画、音楽、その他のデータは5GBまで保存OK。クラウド上に保存することになるので、アカウントにログインすれば、スマホやタブレット、パソコンなどで管理することができるんです。

プライム会員にならずにAmazondriveだけ利用しようとすると無料利用は5GBまで、50GB借りるだけで年間2000円、1000GB借りるとなんと年間40000万円かかるんですよね。

プライム会員になると写真が無制限に保存できる分お得です。

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」が30日間無料

月額980円で利用できる、デジタルブック(電子書籍)のみになりますがマンガや本・雑誌が無料で読み放題のサービスが30日間利用可能になります。利用できる書籍の数は和書12万冊・洋書120万冊程度です。

「PrimeReading」マンガや本・雑誌が無料で読み放題


「PrimeReading」プライムリーディングは、「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」で読むことのできるマンガや本・雑誌の数割程度を読むことができるサービスです。利用できる書籍の数は900冊程度です。「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)のお試し版みたいな感じですね^^;

「Kindleオーナーライブラリー」で毎月無料でKindle本を一冊無料レンタル

Amazonプライム会員であればKindleオーナーライブラリーの中の書籍を一ヶ月に一冊無料で読むことができるサービス。ただ、KindreかFireタブレットが必要です。これも良いサービスですよね。Kindreが欲しくなります。

「kindle」・「Fireタブレット」が4,000円引きに

プライム会員はKindleとFireタブレットを4000円割引で購入できます。購入しようと思っている方はプライム会員になった後で購入するのがいいかも。

「ヴァーチャルダッシュ」で必需品がワンタッチで買える

Amazonで販売している商品を専用アプリの画面からすぐに注文できるサービス。いつも購入する洗剤や飲み物などを登録しておく方が多いです。

「プライム・ワードロープ」で無料で試着し放題


プライムワードローブは気になる商品(服・靴・バックなど)を複数自宅に届けてもらい試着できるサービスです。アイテム選びに悩んでいる時に大変便利。

スポンサーリンク




「Prime Pets(プライムペット)」でペットフードなどが10%offになる

飼っているペットの情報を登録しておくとおすすめの商品やコンテンツを紹介してくれます。定期お得便が安くなったり、対象商品をお安く購入できたりします。

「Wickedly Prime (ウィキッドリープライム)」でAmazonプライベートブランドの商品が買える

Amazonプライム会員だけが購入できるAmazonブランドの商品を購入できます。品質重視の商品が多いです。簡単に言うと少し高いレトルトや缶詰をAmazonが管理して販売している感じです。

「Amazonプライム家族会員」配送特典を家族と共有できて便利!

一緒に住んでいる家族2人までプライム会員の一部の特典を利用することができます。

プライム家族会員は

お急ぎ便・お届け日時指定無料・取扱手数料無料・先行タイムセール・Prime Now・Amazonフレッシュの特典を利用可能


スポンサーリンク




Amazonプライムのデメリット

  • 地方の人には使えない特典がある
  • 特典が中途半端
  • 無料体験終了がわかりにくい
  • 無料期間だけ色々なPrimeを使っちゃって有料期間になり課金されることがある
  • ファミリー会員は配送などの特典しかない
  • 退会方法がわかりにくい

地方の人には使えない特典がある

primenowもすごく便利な特典でしょうけど、残念なことに大分県に住んでいる私が利用できるのはかなり先のことでしょう。サービス拡大希望です。

特典が中途半端でほかのサブスクに負ける

数は多いんですが、Kindleオーナーライブラリーやプライムビデオなど、試しに使うことができるような、おまけ程度の特典もあるのが残念。

無料体験終了がわかりにくい

Amazonプライムにいつ入会したのかなんてあんまり覚えてらんないって方は要注意です。気づかないうちに有料期間に入っていたなんてこともあります。

無料期間だけ色々なPrimeを使っちゃって有料期間になり課金されることがある

Amazonプライムのメリットで紹介したように色々なサービスがあるので、登録したサービスの全部を解約せずに有料期間に入ってしまうと気づかないうちに課金されていることもあります。

退会する場所がわかりにくい

Amazonプライム会員の入会案内はいろんなところで見かけますが退会の案内なんてまったくないんです。一応退会方法書いておきます。

Amazonプライムの退会方法

  1. Amazonトップページのヘルプ
  2. ヘルプ内にある「Amazonプライム会員登録のキャンセル」をクリック
  3. 「会員資格を終了する」をクリック

最後のページで「今すぐ解約する」か「プライム会員終了日まで利用する」か選ぶことができる。「今すぐ解約」を選んでプライム会員を終了した場合は、残りの日数分は日割り計算で会費が登録しているクレジットカードへ返金されます。

Amazonプライムのメリット・デメリットを見て考えた結果

私がよく利用するのはタイムセールとprimeミュージックです。他の特典はあまり利用していませんが、この二つだけでも十分に年会費を払う価値があると思うので利用を続けようと決めました。

「調べただけではよくわからないなぁ」って方は、Amazonプライムを30日間無料で利用することができるので試してみてはいかがですか?使ってみて決めるのが一番わかりやすいと思います。

スポンサーリンク




まとめ

Amazonの商品は、通常配達でも、迅速に届くことが多いので、わざわざAmazonプライム会員になり、お急ぎ便を使うまでもないと考えている人も多いようです。そのような場合には、せっかく年会費を支払っているのに、もったいないと感じてしまうこともあるでしょう。

そんな時はタイムセールなどを、賢く利用してみるとよいでしょう。タイムセールは、一定の期間に限って、お得な価格で商品を購入することが可能ですが、プライム会員であれば、タイムセールを30分早く利用できるため、競争率が高い目玉商品を購入したい方におすすめです。

タイムセールである程度の高額な商品をお得に買いたいのであれば、お得になった金額分だけみても、プライムの年会費を差し引いたとしても、結果的にお得となる場合も多いですから、そのほかに、動画を見ることができたり、音楽をダウンロードできるサービスを受けられるのは、非常にメリットが大きいといえるでしょう。

タイムセールを有効利用し、さらにプライムの特典をじゅうぶんに使いたいものです。最後までお読みいただきありがとうございました。

Amazonタイムセールの曜日などをまとめてみましたのでこちらも合わせてご覧ください。

関連するコンテンツと広告